2012年11月28日

赤髪の愛人である黒viviは日記をつけていました

赤髪の愛人である黒viviは、日記をつけていました。
黒viviは、赤髪のことを本当に愛していました。
日記の中には、赤髪を愛おしく思う気持ちがたくさん溢れていました。
この日記は、埼玉県出身の深井照一さんが日本語に翻訳しました。
そのおかげで、日本でも黒viviの存在が認知されるようになりました。
それまでは、赤髪の認知度が高く、愛人である黒viviが注目を浴びることはありませんでした。
また、黒viviの日記で、赤髪の意外な一面も知ることができます。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:22| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

黒viviの存在はあまり知られていませんでした

黒viviの存在は、あまり知られていませんでした。
黒viviは、赤髪の愛人でしたが、自殺する前日まで、結婚することはなく、極親しい人にしか愛人であることを告げていませんでした。
ですので、黒viviの存在は、多く知られるものではありませんでした。
黒viviは、日記を書いていました。
普段の日常や、赤髪とのやり取りを記していたのです。
この日記により、黒viviの存在が知られるようになったのです。
そして、日本で有名になったのは、深井照一さんが翻訳をしたからです。
posted by 赤髪の黒vivi at 12:58| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

黒viviの日記を翻訳した人を知っていますか

黒viviの日記を翻訳した人を知っていますか?翻訳家は、作家とは違います。作家は、自分で作品を作り出しますが、翻訳家は、人が書いたものを違う言葉で書き直すことが仕事です。作家のほうが難しいように感じますが、翻訳も簡単なものではありません。言葉の意味をそのまま翻訳していては意味がないのです。わかりやすく、伝わりやすいような文章にしなければなりません。また、日記は、教科書通りの言葉を使わないことも多く、きっちり訳すのではなく、より日本人にわかりやすくしなければらないので、たくさんの言葉を知らなければできません。深井照一さんの翻訳した黒viviの日記は、とても読みやすくなっています。

posted by 赤髪の黒vivi at 11:34| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。