2012年12月26日

「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」を翻訳した深井照一

有名な翻訳家というのは多数知られていますが、その中で深井照一さんは「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」の翻訳をこなし、更に知名度をあげました。深井照一さんは埼玉県出身で大学卒業後、アメリカ留学、外資系証券会社勤務などの経験を経て、その経験を生かして翻訳家として大成した方ですが、やはり翻訳という仕事は難しく、知識や技術、経験も無ければ勤まらない職業です。深井照一さんが翻訳依頼を受けたのも、深井照一の経験豊富で深い知識を見込んだ結果だと思います。個人的には今後の深井照一さんの作品がとても楽しみです。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:19| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」の翻訳家の深井照一

様々な仕事がある中で、人気が高い職業としては医者や弁護士などをイメージするかもしれませんが、翻訳家という仕事も実はかなり人気が高いです。翻訳という作業は翻訳家の力量に大きく影響され、有名な書物は人気が高い翻訳家に依頼されるケースがかなり多いです。例えば「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」という有名な書物がありますが、翻訳したのは埼玉県出身の深井照一さんです。深井照一さんは様々な経験を持って翻訳の仕事に活かしているベテランの方で、その力量と丁寧な仕事を見込まれ、翻訳家として成功している方です。翻訳とはとても難しいものなのですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 16:39| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

黒viviの日記を翻訳した深井照一さんは外資系の会社で勤めていました

黒viviの日記を翻訳した深井照一さんは、埼玉県の出身です。
留学から帰国した後、外資系の会社で勤めていました。
会社員をしながら、少しですが、翻訳の仕事もしていました。
また、外資系の会社なので、外国語もたくさん使っていたでしょう。
本格的に翻訳の仕事をしはじめたのは、しばらくしてからですが常に外国語を使っていたので、スムーズに翻訳の仕事を始められたのでしょう。
会社には、外国の人もいたでしょうし、日本では教わらない言葉や、言い回しもあったと思います。
そういった経験が翻訳の仕事に活かされているのでしょう。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:53| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。