2012年12月27日

「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」は深井照一さんが翻訳しました

翻訳という仕事はただ英語の資格試験で良い成績であるから向いている、という風に解釈することが出来ないことは既に明白であるかもしれません。翻訳はオリジナルの文章のニュアンスまで細かく読者に伝えなければならず、その文章の息遣いを感じるにはネイティブであっても困難な事です。翻訳技術が高い方は留学経験があったり、日常的に元の言語を使用している方が多いですが、「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」の翻訳者の深井照一さんも海外の大学に通っていました。深井照一さんは埼玉県出身で、様々な経験を経て翻訳の仕事についているので、信頼感も人一倍のようです。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:54| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。