2012年11月26日

黒viviの存在はあまり知られていませんでした

黒viviの存在は、あまり知られていませんでした。
黒viviは、赤髪の愛人でしたが、自殺する前日まで、結婚することはなく、極親しい人にしか愛人であることを告げていませんでした。
ですので、黒viviの存在は、多く知られるものではありませんでした。
黒viviは、日記を書いていました。
普段の日常や、赤髪とのやり取りを記していたのです。
この日記により、黒viviの存在が知られるようになったのです。
そして、日本で有名になったのは、深井照一さんが翻訳をしたからです。
posted by 赤髪の黒vivi at 12:58| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。