2012年11月21日

黒viviの日記を翻訳した人を知っていますか

黒viviの日記を翻訳した人を知っていますか?翻訳家は、作家とは違います。作家は、自分で作品を作り出しますが、翻訳家は、人が書いたものを違う言葉で書き直すことが仕事です。作家のほうが難しいように感じますが、翻訳も簡単なものではありません。言葉の意味をそのまま翻訳していては意味がないのです。わかりやすく、伝わりやすいような文章にしなければなりません。また、日記は、教科書通りの言葉を使わないことも多く、きっちり訳すのではなく、より日本人にわかりやすくしなければらないので、たくさんの言葉を知らなければできません。深井照一さんの翻訳した黒viviの日記は、とても読みやすくなっています。

posted by 赤髪の黒vivi at 11:34| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。