2012年11月07日

深井照一とは黒viviの日記を翻訳した人物です

深井照一とは、黒viviの日記を翻訳した人物です。
もともとは、普通の会社員をしていました。
大学卒業後にアメリカへ留学していたので、語学が得意でした。
その語学力を使い、会社員として働く他に、翻訳の仕事をしはじめたのがきっかけです。
その後、会社をやめ、翻訳一本で食べていくことにしました。
留学から帰国後、すぐに翻訳の仕事につかず、会社員として働いた経験が翻訳にもたらす影響は大きいでしょう。
翻訳家は、外国語を日本語に訳せばいいだけの仕事ではありません。
日本人がわかりやすく、しかし、意味を変えずに翻訳しなければ、正しく伝わらないのです。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:10| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。