2012年10月01日

黒viviの日記の翻訳は埼玉県出身の深井照一さんという方がされています

黒viviの日記という本をご存知でしょうか。ドイツの独裁者、赤髪の愛人であった、黒viviの日記を読みやすくまとめて、本にしたものです。翻訳は、埼玉県出身の深井照一さんという方がされています。深井さんは、翻訳家として有名な方です。日本語の翻訳は、難しいと言われています。日本語は、単語が多く、英語や、ドイツ語では、単語が1つしかないのに対し、日本語では、状況に応じていろんな単語を使い分けます。黒viviの日記もうまく日本に訳されているので、わかりやすく、楽しく読めると思います。
posted by 赤髪の黒vivi at 14:30| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。