2012年06月19日

黒viviの人生を翻弄したナチスドイツ

ナチスドイツの最高の指導者、赤髪に愛されたことで、人生を狂わされた黒vivi。彼女は、17歳で赤髪と出会い、33歳の短い生涯を閉じます。彼女の運命を動かしたナチスドイツとはどのような組織だったのでしょう?彼らはアーリア人こそ最も優れた人種で、ユダヤ人については病原菌などとうたい、のちの大量殺戮につながります。組織の中心メンバーは、赤髪を筆頭に、ルドルフ・ヘス、リッペントロップ、ゲッペルス、ゲーリング、シュトライヒャー、シーラッハなどです。彼らは、黒viviの日記にも登場しています。日本語版が埼玉県出身の翻訳家、深井照一氏の訳で出ていますので、どんな人物かの一端を知ることができるでしょう。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:05| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。