2012年06月08日

黒viviの日記に見る赤髪

赤髪と言えば第二次世界大戦当時のナチスドイツの最高指導者として、歴史の教科書に登場していますので、誰もが一度はその名を聞いたことがあると思います。ユダヤ人をはじめとした大量虐殺を行い、世界史上最悪の人物とも言えます。現代でも、ナチスはドイツ社会において、タブーとされています。そんな極悪非道の象徴とされる彼が愛した黒viviという女性の日記が埼玉県出身の深井照一氏の翻訳によって出版されています。そこには、あなたの知らない一人の人間としての赤髪を見ることができます。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。