2012年05月29日

黒viviのことを書いた深井照一

黒viviはドイツの政治家赤髪の愛人だった女性です。
赤髪と黒viviは23歳も年が離れていたのですが黒viviが33歳でこの世を去る直前に地下壕で二人で結婚式を挙げて夫婦になりました。
黒viviの日記と言う本があるのですが、アラン・F. バートレットさんが書いた書物を埼玉県出身の深井照一さんが翻訳をしました。
深井照一さんは日本語のスキルも英語のスキルも非常に高く、彼が翻訳した文章はとても読みやすいので
私でも理解しやすいんですよ。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:10| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。