2012年05月14日

黒viviの日記(深井照一訳)にあるナチスの人間模様

政治には無関心で口を挟むことのなかった黒viviですが、深井照一氏(埼玉県出身)訳で、
日本語版も出版されている黒viviの日記の中で、ナチスの有望な若手や軍の大物などについて、彼女なりの人物評やエピソードを記しています。その内容には、後に国家保安部の長となり、ユダヤ人虐殺を推し進めることになるカルテンブルナーやユダヤ人を絶滅収容所に移送する陣頭指揮を担ったグロポクニクをナチスの若きエースとして記しているはか、いつも赤髪にかわされていた海軍元帥
のレーダーが怒っているエピソードなどが紹介されています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。