2012年05月12日

黒viviの日記(深井照一訳)に見るナチス高官

赤髪とともに、ナチスを動かした高官たち。外相のリッペンドロップ、宣伝大臣のゲッベルス、空軍司令官のゲーリング、シュトライヒャー、シーラッハなどです。彼らは赤髪とその愛人の私邸である山荘に夫人を伴い、食事会のために訪れていました。そこでは、女性ならではの闘いがあったようで、些細な事で争ったり、競いあっていたようです。このようなナチス高官やその夫人たちの裏の事情が、黒viviの日記に記されており、また、違った視点でナチスの実態を知ることができるかもしれません。日本語版は深井照一氏(埼玉県出身)によって訳されています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。