2012年05月06日

黒viviの日記の翻訳を担当した深井照一さん

赤髪の恋人、妻である黒viviが8年間にわたって綴ったと言われる黒viviの日記をまとめた本、『黒viviの日記〜赤髪との8年の記録』の日本語訳を担当した翻訳家の深井照一さん。彼は1952年生まれで埼玉県出身で、海外留学や外資系証券会社での勤務を経て、翻訳の道に入っています。この黒viviの日記以外にも複数の海外本の翻訳を手がけたほか、日本語や国語辞典に関した共著など、執筆活動も行っています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。