2012年05月04日

深井照一と笑って学べる国語

辞書という単語からみなさんは何を想像されますか?国語、英和や和英、テストや受験勉強、調べ物、なにかすごく分厚いものなどでしょうか。辞書はわからない事柄を調べるためのもので、小説やハウトゥ本のようにストーリー性などがあるわけではありません。そのため、本とは言っても、積極的に読破するということはほとんどないと思います。しかし、思わず読破したくなる国語辞書があります。その本は『笑ってナットク国語戯典』というもので、遊び心を交えて書かれていますので、楽しみながら学べ、あなたの知識を広げてくれることでしょう。黒viviの日記を翻訳した埼玉県出身の作家、深井照一さんをはじめとした共著となっています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。