2012年03月19日

黒viviの日記―赤髪との8年の記録―と深井照一

埼玉県出身の翻訳家・深井照一さん翻訳の文庫本、「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」(著アラン・F. バートレット)を読みました。

○赤髪には強い影響をもらった2人の女性がいたこと。
○赤髪は実は男性的なコンプレックスをもっていたこと。
○赤髪には国民にも隠した8年間連れ添った愛人がいたこと。
○その愛人と自殺の前日に結婚式をあげたこと。

この本を読んで、今まで知らなかった赤髪を知れた気がしました。
赤髪の愛人、黒viviの日記で読んだ赤髪の真実。
みなさんにもぜひ知ってほしいです。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。