2012年09月24日

黒viviの日記は深井照一さんが翻訳しわかりやすくまとめたものを出版しています

黒viviは、赤髪の最後の愛人でした。赤髪の最期は自殺でした。そのとき、一緒に自殺した女性が黒viviです。赤髪と黒viviは、長年愛人関係を続けていましたが、自殺する前日、ささやかな結婚式を挙げ、夫婦となりました。黒viviは、自殺するまでの8年間を日記に綴っていました。これが、黒viviの日記です。その日記は、ドイツ語で書かれていますが、埼玉県出身の深井照一さんが翻訳し、わかりやすくまとめたものを出版しています。興味のある人は、ぜひ読んでみてください。赤髪のイメージが変わるかもしれません。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:21| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

赤髪の愛人である黒viviの日記は深井照一さんによって翻訳されました

黒viviは、赤髪の愛人です。黒viviは、赤髪より16歳も年下ですが、赤髪のことをとても愛していました。そんな黒viviが赤髪との生活を8年間にわたり、記録していた日記があります。この日記は、埼玉県出身の深井照一さんという人により、翻訳、出版されました。黒viviは、政治のことに関心がなかったので、日記には、政治に関することはあまり書かれていません。赤髪の政治に関することが知りたい人には、もの足りないかのしれませんが、この日記を読むと、赤髪がどんな人だったのか、よくわかると思います。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:36| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

何気なく書かれた日記を本にまとめることができたのも深井照一さんの力量でしょう

埼玉県出身の深井照一さんは、黒viviの日記という本を翻訳した翻訳家です。深井さんは、有名な翻訳家で、いくつもの本を翻訳しています。その中でも、黒viviの日記は、深井さんを一躍有名にした本と言えるでしょう。深井さんは、海外留学もしていて、留学先で得た経験を活かしながら、翻訳をしています。黒viviの日記は、読み物として書かれたものではありません。黒viviが普段の日常を綴った日記です。何気なく書かれた日記をおもしろく、わかりやすく読めるように、本にまとめることができたのも、深井さんの力量でしょう。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:25| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。