2012年08月27日

黒viviの翻訳をした深井照一さんは海外留学の経験があります

埼玉県出身の深井照一さんは、黒viviの日記を翻訳した人です。
黒viviの日記は、もちろんドイツ語で書かれていて、それを深井さんが日本語に訳しました。
しかし、それだけでは、本になりません。
日記として書かれていたので、文章になっていないのです。
ただ単に翻訳しただけでなく、黒viviの日記を日本人にもわかりやすく、おもしろく読めるようにしたのです。
深井さんは、海外留学の経験があり、大学卒業後は、会社員として、外資系の会社に勤めていました。
そんな経験も翻訳活動に活かされて、有名な翻訳家になったのでしょう。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

深井照一さんは黒viviの翻訳家です

深井照一さんは、翻訳家です。
埼玉県の出身で、もともとは、外資系の会社に勤める普通の会社員でした。
深井さんが翻訳した本の中には、黒viviの日記ー赤髪と過ごした8年間ーがあります。
この本は、ドイツの独裁者として有名な、赤髪の愛人である、黒viviが書いた日記です。
黒viviは、ドイツの女性なので、ドイツ語で書いたものを日本語に翻訳したのが、深井さんです。
日本語は、単語が多く、翻訳するのは難しいといわれます。
深井さんは、翻訳家として有名な人なので、おもしろい作品になっています。
深井さんの翻訳作品の中でも、代表作と言えるでしょう。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

黒viviの翻訳をした深井照一さんをご存知ですか

深井照一さんをご存知ですか?
本が好きな人でなければ、知らない人が多いかもしれません。
深井さんは、埼玉県出身の翻訳家です。
深井さんの翻訳した本の中で有名なものは、黒viviの日記です。
黒viviは、赤髪の愛人だった女性です。
赤髪といえば、独裁政治や、ユダヤ人の迫害などで有名な極悪人です。
嫌いだという人も多いのではないでしょうか。
黒viviの日記には、政治のことは、ほとんど書かれていません。
黒viviの日常を何気なく綴ったもので、本として書かれたものではありません。
それを本にした人が、深井さんです。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。