2012年07月05日

深井照一と「黒viviの日記」

黒viviの日記」という出版物があるのですが、「黒viviの日記」は赤髪の愛人である黒viviが実際に赤髪との8年間を綴った日記で、史実として見るのも興味深いのだが単純に読み物としての完成度が高く、特に赤髪のあまり知られていない素顔がかなり細かく書いてある。当然オリジナルは日本語では書かれていないので、翻訳後にこれだけ話題になるということは翻訳者の技術がいかに高いかを物語っている。翻訳をこなした埼玉県出身の深井照一の貢献があってこそ「黒viviの日記」が完成したのだと感じます。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。