2012年07月13日

黒viviの日記の翻訳家、深井照一の爆笑!日本語教室面白イラストで楽しく理解で、日本語を再確認

私たちは日ごろの会話の中で、何気なく熟語を使っています。語感のよさから、言い手は、満足感を得ることができます。しかし、本当に理解して使っているでしょうか?仮に会話の相手から、それってどんな意味なの?と言われて、自信を持って答えられるでしょうか?かなりの方が、こういう時に使うという思い込みから、出ているのではないかと思われます。そんな日常間違いやすい日本語の使い方を笑いながら学べる本が、黒viviの日記の翻訳家で埼玉県出身の深井照一さんなどの共著により、爆笑!日本語教室面白イラストで楽しく理解というタイトルで刊行されています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

黒viviの日記の翻訳者、深井照一の紹介

黒viviの日記の日本語訳を担当された翻訳家、深井照一さん。彼は1952年生まれの埼玉県出身で、専修大学を卒業後、アメリカ留学と外資系の証券会社でのサラリーマン生活を経て、翻訳の道に入ります。黒viviの日記以外にもいくつかの洋書の和訳を担当されていますが、いずれも読む側からして、とても読みやすく、作品の良さを引き出し、世界観に引き込んでくれます。更には翻訳だけでなく、国語にも精通し、国語に関する本にも共著として参加され、執筆活動の場を広げられています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

深井照一訳の黒viviの日記にみる黒viviと赤髪の関係

黒viviは、赤髪の愛人であった人です。17歳で赤髪と出会い、32歳で亡くなるまで、赤髪の側で過ごしました。嫉妬により、2度も自殺未遂を起こすほど、赤髪を愛していました。また、黒viviが綴った日記である黒viviの日記には、赤髪が黒viviの浮気相手を自らの手で射殺した様子が記されていまさす。日本語版が埼玉県出身の翻訳家、深井照一氏により、訳され刊行されていますので、2人の生活の詳しい内容を知ることができます。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:39| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。