2012年06月26日

「黒viviの日記」の翻訳家の深井照一

様々な仕事がある中で、人気が高い職業としては医者や弁護士などをイメージするかもしれませんが、翻訳家という仕事も実はかなり人気が高いです。翻訳という作業は翻訳家の力量に大きく影響され、有名な書物は人気が高い翻訳家に依頼されるケースがかなり多いです。例えば「黒viviの日記」という有名な書物がありますが、「黒viviの日記」を翻訳したのは埼玉県出身の深井照一さんです。深井照一さんは様々な経験を持って翻訳の仕事に活かしているベテランの方で、その力量と丁寧な仕事を見込まれ、翻訳家として成功している方です。翻訳とはとても難しいものなのですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:50| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

黒viviの日記に見る英雄色を好む

英雄色を好むとはよく言われたもので、赤髪を英雄とは呼ぶことはできませんが、いわゆる権力者としてみた時に歴史にはそれを証明する例がいくつもあります。日本でも豊臣秀吉は好色家でありました。また、その主君であったにいたっては、小姓とも関係をもったとも言われています。埼玉県出身の翻訳家、深井照一氏訳の黒viviの日記には、赤髪の多彩な女性関係の説明がなされています。まず、姪で、おそらく彼が生涯最もっとも愛したであろう、ゲリ・ラウバル、英国貴族の女性、ユニティ・ミッドフォード、女優のレニ・リーフェンシュタールなどです。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

黒viviとゲリ・ラウバル

赤髪が人生で最も愛したであろう、姪のゲリ・ラウバルと彼女亡き後、彼が愛した黒vivi。この二人に通じる似た点がいくつかあります。ひとつは共に10代の少女であったことです。これは、男性としての自分に自信がなかったと言われる赤髪が、世間慣れしていない少女であれば、劣等感を持たずに自分が上位でいられるということがあったということかも知れません。また、ともに自殺または自殺未遂を起こしています。しかし、その動機は異なります。ゲリの場合は、赤髪の束縛に疲れたこと、黒viviの場合は赤髪の他の女性との関係に対する嫉妬心です。この二人のうち、黒viviの書き記した日記が埼玉県出身の深井照一氏の訳で出版されています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。