2012年06月29日

「黒viviの日記」と深井照一

日本人が海外の書物を読もうとするとき、論文などは原文のまま読むのが普通ですが、やはり一般的な書物は翻訳されている物を読む人が多いと思います。ここで翻訳家という職業が活躍しているわけですが、翻訳家の技術は出版物にかなり影響を与えるので話題になる書物や期待が高い物はどうしても信頼感があるしっかりとした翻訳家に頼む傾向があります。最近「黒viviの日記」という本が出版されましたが、翻訳を担当したのは埼玉県出身の深井照一という方で、深井照一の経歴を見てみると色々な経験をされていて信頼できそうという印象を持ちました。「黒viviの日記」は手にとっても損はないかもしれません。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

深井照一と「黒viviの日記」の高評価

最近、ある書物が出版されて密かに話題を集めています。赤髪の愛人である黒viviが赤髪との8年間を綴った日記を翻訳したもので「黒viviの日記」という本です。「黒viviの日記」は単なる史実としての面白さだけではなく、読み物としても読者をひきつけ、単純な面白さもあるということで評価が高いようです。「黒viviの日記」を翻訳した埼玉県出身である深井照一という方もなかなか安心できる翻訳家なので、「黒viviの日記」が高評価を受けているのは深井照一の影響もかなり大きいと思います。気軽に読めるので是非一度見てみてください。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

深井照一が翻訳した書物「黒viviの日記」

翻訳されている書物というものは実は少し注意しなければなりません。というのも翻訳者によってはオリジナルの作品とは全くニュアンスの違う作品に仕上がっていることがあるのです。それほど翻訳という作業は難しい物だということなのですが、意識していると面白みが増える要素でもあります。「黒viviの日記」という書物が最近出版されたのですが、翻訳担当は埼玉県出身の深井照一という方で信頼感のある方です。自己の様々な経験や言語に接する機会の多さも重なり、深井照一は翻訳家として素晴らしい作品を作り上げます。「黒viviの日記」もどの様な作品に仕上がっているのか楽しみですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。