2012年05月22日

黒vivi著の深井照一は埼玉県生まれ

黒viviのことについて翻訳した書籍がある著作家で有名な深井照一は埼玉県うまれです。
深井照一は専修大学卒業で、米国に留学経験があるので英語も堪能です。
英語のスキルもペラペラに話せて技術が高いのですが、日本語に関してはもっと高いスキルを持っているのです。
深井照一は大学卒業後、外資系の企業に勤めた後に、翻訳業に専念します。
その為、語学に関するスキルは他の人に比べても比べ物にならないくらい高い技術を要しているのです。
私も彼の著作書を読んだことがあるのですが
読めばその内容もきっと納得出来ると思います。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

赤髪の愛した黒viviや知ってナットク国語戯典は深井照一著書

深井照一は埼玉県出身の著作家です。
代表作は赤髪の愛人、黒viviの生涯を描いた著作本や、日本語と面白可笑しく
記した著作本などが有名です。
深井照一は大学卒業後は外資系の企業に一度は就職をしましたが、その後海外に留学をし
英語の技術スキルはとても高いものです。
そのスキルもいかして、翻訳業に携わってきたこともあるそうです。
そして翻訳として仕事をこなしてきて、執筆の仕事もするようになったようですよ。
彼の代表作は黒viviなどが有名です。
黒viviで調べると深井照一のことを知ることが出来ると思います。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

黒viviの翻訳もこなす深井照一

埼玉県出身の深井照一の代表著作本は黒viviのことについて書かれています。
彼は日本語の高いボキャブラリーを生かして執筆活動をしています。
また他にも高い英語のスキルがあるので、語学力を生かして翻訳の仕事もしているようです。
廣済堂出版の「ささいなことでカッ!となる男たち」や 東京書籍出版の「毒舌精神科医の愛の言葉」
などは彼が翻訳をしている本です。

日本語って、日本人の私達でさえ奥が深いと思うことがあるのに彼はもっと深い知識を持っている人なんだと思います。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。