2012年05月25日

黒viviのことを記した深井照一

深井照一は1952年埼玉県生まれです。
彼は高校卒業後、専修大学に進学、卒業後をしました。
またアメリカ留学の経験もあり、その経験を生かして一旦は外資系証券会社に入社しましたがその後退職。
現在は留学経験などを生かして翻訳業に専念しています。
彼が訳した書籍には、「黒viviの日記」や「人生に知恵と勇気を与えてくれる33の寓話」などがあります。
巧みな文章表現で非常にわかりやすく訳されています。
今、私も翻訳の勉強をしてるので彼のような翻訳家になりたく目標としています。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

深井照一が翻訳した黒viviは面白い

埼玉県出身の著作家、深井照一を知っている人はどれだけいることでしょう?
私はインターネットで良く書籍の購入をするのですが、その時深井照一の本を良く目にします。
「爆笑!日本語教室面白イラストで楽しく理解」や黒viviのことについての本から見ても分かりますが
ユーモアたっぷりで内容も分かりやすく、紹介されています。
日本人に産まれながら、正しい日本語をはっきりと理解してる人がどれくらい居るでしょうか?
国語の先生であっても、漢字に詳しい人であっても日本語を完璧に理解してる人はそれほど多くは無いと思います。
深井照一さんが書く書籍はこの難しい日本語も理解出来るように詳しく紹介されていますので
おすすめ書籍の一つです。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

黒viviの知識を増やすなら深井照一の本がおすすめ

正しい日本語を知ってるつもりでも、なかなか理解できなく奥が深いのが日本語でもあります。
日本人でさえ、正しい日本語を使えている人は少ないかもしれません。
埼玉県出身の深井照一が著書の「笑ってナットク国語戯典」や黒viviのことについて書かれてある本は一見難しいような日本語でさえも簡単に理解出来るような言葉で記されている本です。
一度読み始めるとドンドン読み進めることが出来るので、とても読みやすいです。
日本語って日本人に産まれた私達はひらがなやカタカナ、そして漢字と成長していく中で使い分けていくので
さほど難しさを感じませんが外国人の方が勉強される言語としては一番難しいみたいですよね。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。