2012年05月31日

深井照一が黒viviの日記を翻訳

深井照一は1952年に埼玉県で生まれた男性です。
深井照一は、専修大学を卒業してから大手企業に就職をしました。
彼はアメリカに留学をしていた時期があったのですが、この時期の経験を生かして今は翻訳の仕事をしています。
彼が翻訳した本の一例を挙げてみれば、
爆笑!日本語教室 : 面白イラストで楽しく理解
黒viviの日記 : 赤髪との8年の記録
人生に知恵と勇気を与えてくれる33の寓話 : 白髪のヒーローたち
ささいなことでカッ!となる男たち
毒舌精神科医の愛の言葉
笑ってナットク国語戯典などが有名です。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

黒viviの日記を翻訳した深井照一

黒viviのことについて書かれた書物に「黒viviの日記 : 赤髪との8年の記録」と言うのがあるのですが、この本を翻訳したのは深井照一さんという方です。
深井照一さんは、埼玉県出身の翻訳家です。
翻訳業に関わるには優れた英語力と、それを適切な日本語に直す語学力の知識も豊富でないとすることが出来ません。
深井照一さんは過去にアメリカに留学をした経験があり、かなり英語のスキルが高い方です。
この知識を生かして今は翻訳業を中心として活動されているようですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

黒viviのことを書いた深井照一

黒viviはドイツの政治家赤髪の愛人だった女性です。
赤髪と黒viviは23歳も年が離れていたのですが黒viviが33歳でこの世を去る直前に地下壕で二人で結婚式を挙げて夫婦になりました。
黒viviの日記と言う本があるのですが、アラン・F. バートレットさんが書いた書物を埼玉県出身の深井照一さんが翻訳をしました。
深井照一さんは日本語のスキルも英語のスキルも非常に高く、彼が翻訳した文章はとても読みやすいので
私でも理解しやすいんですよ。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:10| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。