2012年04月09日

赤髪と少女の恋(黒viviの日記:深井照一)

赤髪は女性に対して非常に紳士的であり、そして潔癖であったといいます。
そんな赤髪が8年の間、愛人としてそばにおいていたのが黒viviという女性です。

1929年、赤髪の専属のカメラマンであったハインッヒ・ホフマン。
彼との縁がきっかけで赤髪は当時17歳だったまだあどけなさの残る少女に一目ぼれをします。
20歳以上も年下の少女に一目ぼれというエピソードには、世間一般の赤髪の狂気的なイメージと対照的でとても驚きました。
そんな赤髪と黒viviのエピソードを知ることができるのが、深井照一(埼玉県出身)翻訳の「黒viviの日記―赤髪との8年の記録―」です。
1人の少女と、親子ほど年の離れた政治家の恋……なかなか興味深いですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 13:23| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。