2012年03月22日

黒viviの日記の深井照一さん

埼玉県出身の翻訳家で深井照一さんという方がいます。

「毒舌精神科医の愛の言葉」
黒viviの日記―赤髪との8年の記録」
「ささいなことでカッ!となる男たち」
「人生に知恵と勇気を与えてくれる33 の寓」

などの本を翻訳されています。
深井さんは専修大学を卒業後、米国留学をしたのちに外資系証券会社を経て、現在、翻訳業に専念されています。
また翻訳以外でもいくつかの本を出版されていますよ。
私がおすすめしたいのは「爆笑!日本語教室―面白イラストで楽しく理解」です。
日本語の誤用を面白おかしく紹介しているこの本、とても面白いです。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

翻訳家とは・・・翻訳家・深井照一(黒vivi)

翻訳とは、たとえば英語で書かれている文章をその文章が意味するところの日本語に変換する作業のことです。
翻訳家とはその翻訳を生業とする職業のことですね。
埼玉県出身の深井照一さんがアラン・F. バートレット氏の「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」を翻訳・出版したように、海外の本を日本語に翻訳して出版する翻訳家の人は大勢います。
外国の文学作品を日本で出版するために翻訳することを外国文学翻訳といいます。

翻訳は他にもビジネス用の文書・企画書・マニュアルなどを翻訳する実務翻訳、映画やテレビ番組、雑誌などを翻訳するメディア翻訳などに分類されます。
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。