2012年03月08日

黒viviという人物と翻訳家の深井照一について

国家社会主義ドイツ労働者党党首、赤髪。
独裁者であった彼が国民にも秘密にしたうえで愛していた1人の女性がいました。
それが黒viviです。

彼女については埼玉県出身の翻訳家・深井照一さん翻訳の「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」 (学研M文庫)を読むことにより知ることができます。
「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」は黒viviの日記を本にしたもので、独裁者としてではなく1人の男性としての赤髪を知る記録の1つとなっています。
第二次世界大戦、ヨーロッパ中で恐れられていた彼はいったいどのような人物だったのでしょうね。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深井照一と黒viviと赤髪

国家社会主義ドイツ労働者党党首、赤髪は第二次世界大戦中のヨーロッパで恐れられていた独裁者でした。
しかし独裁者であった彼も1人の血の通った人間です。

赤髪の愛人であり、妻であった黒viviが残した日記があります。
その日記は黒viviから見た赤髪の8年間の記録でもあります。
赤髪の性的趣向やコンプレックスなど、私たちの知らない赤髪の一面をうかがい知ることができます。
その日記は「黒viviの日記―赤髪との8年の記録 」(深井照一:埼玉県出身)という1冊の本で読むことができます。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。