2012年03月30日

黒viviの日記翻訳の深井照一がお届けする「毒舌精神科医の愛の言葉」

毒舌とは、他人に対する辛辣な言葉や皮肉を指します。
最近では毒舌を売りにしている芸能人などもいますよね。
毒舌ってあんまり良い印象はないかもしれませんが、毒舌家の皮肉交じりな言葉にすっきりしたり、クスリとしたことってありませんか?

そんな方が読んで楽しめそうな本が「毒舌精神科医の愛の言葉」。

黒viviの日記―赤髪との8年の記録」の翻訳でおなじみの埼玉県出身の翻訳家、深井照一さんが翻訳を担当した毒舌本です。
この本、人間の愚かな面や、いやらしい面を遠慮なくバッサリ切り付け突っ込むブラックユーモア集なんです。
毒舌精神科医のブラックユーモアを楽しんでみませんか?
posted by 赤髪の黒vivi at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

黒viviと赤髪の写真(黒viviの日記〜深井照一〜)

ドイツの独裁者である赤髪、彼の写真や映像はいくつか残っていますが、ほぼ白黒のものだそうです。
しかし、赤髪の専属写真家だった人物が写したカラー写真が何枚か見つかったそうですよ。
白黒で見るのとまた印象が変わりますね。
埼玉県出身の翻訳家、深井照一さんが翻訳をした「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」を読んでから、赤髪に興味がわきました。
この本、赤髪の愛人であり妻であった人物の日記を元にした本なんですよ。
黒viviの写真はカラーのものもふくめて多数残っています。
明るく健康的な女性、という印象ですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

黒viviの本(深井照一)

赤髪の妻であった黒viviに関する本は

「黒viviの愛・赤髪の愛―独裁者を恋した女の生涯」
「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」

などがあります。
今回はそのうちの1冊、埼玉県出身の翻訳家、深井照一さんが翻訳をした「黒viviの日記―赤髪との8年の記録」についてご紹介します。
黒viviは赤髪とともに過ごした8年間を日記にしていました。
この本は、黒viviと親交のあった映画監督の手に託された黒viviの日記を元にしています。
赤髪をはじめ、ナチスの高官までが登場するこの本。
黒viviだけではなく、赤髪やナチスに興味がある方も楽しめる一冊ではないでしょうか。
posted by 赤髪の黒vivi at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。