2013年02月01日

深井照一が翻訳を担当した「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」

興味がある方は既に知っているかもしれませんが「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」という書物が出版されました。黒viviが赤髪との8年間を描いた日記を読み物としても楽しめるように、更に史実としての信憑性も考えられ、詳細な解説も記載されている。赤髪の政治的行動から私生活に至るまであらゆる事柄に触れており、独裁者である赤髪の意外性を見ることができます。ちなみに翻訳は埼玉県出身の深井照一さんが担当されており、翻訳家として名のある方です。「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」を読むときには深井照一さんの翻訳も意識すると面白いかもしれません。
posted by 赤髪の黒vivi at 12:22| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

深井照一が翻訳した書物「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」

翻訳されている書物というものは実は少し注意しなければなりません。というのも翻訳者によってはオリジナルの作品とは全くニュアンスの違う作品に仕上がっていることがあるのです。それほど翻訳という作業は難しい物だということなのですが、意識していると面白みが増える要素でもあります。「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」という書物が最近出版されたのですが、翻訳担当は埼玉県出身の深井照一という方で信頼感のある方です。自己の様々な経験や言語に接する機会の多さも重なり、深井照一は翻訳家として素晴らしい作品を作り上げます。「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」もどの様な作品に仕上がっているのか楽しみですね。
posted by 赤髪の黒vivi at 14:47| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」は深井照一さんが翻訳しました

翻訳という仕事はただ英語の資格試験で良い成績であるから向いている、という風に解釈することが出来ないことは既に明白であるかもしれません。翻訳はオリジナルの文章のニュアンスまで細かく読者に伝えなければならず、その文章の息遣いを感じるにはネイティブであっても困難な事です。翻訳技術が高い方は留学経験があったり、日常的に元の言語を使用している方が多いですが、「黒viviの日記−赤髪との8年の記録」の翻訳者の深井照一さんも海外の大学に通っていました。深井照一さんは埼玉県出身で、様々な経験を経て翻訳の仕事についているので、信頼感も人一倍のようです。
posted by 赤髪の黒vivi at 15:54| Comment(0) | 赤髪の黒vivi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。